「黒毛和牛ってすごいと見直しました」
——「寒いほどお得フェア2020」の限定商品「特撰黒毛和牛カレー」&「清里グリーンカレー」を実食レポ

真冬の八ヶ岳には欠かせない恒例フェア「寒いほどお得フェア」、通称「寒得」が今週末、1月11日からスタートします。これはフェア期間中、毎朝10時の気温に応じて割引率が変わるイベントで、最大で対象商品が50%オフになるんです。

今年も山梨県北杜市、長野県の原村、富士見町、野辺山町から80店舗以上が参加。もちろんROCKも参加します。

ROCKは毎年、看板のひとつである「ROCKビーフカレー」などを割引対象メニューにしているのですが、今年はさらに寒得限定のカレーが登場! 定番の「ROCKビーフカレー」だけでなく、この時期だけの新しいカレーで寒得を盛り上げます!

今回はそんな寒得限定の「特撰黒毛和牛カレー」(通常価格:3,300円)と「清里グリーンカレー」(通常価格:1,800円)を、シェフの「菊さん」こと菊原和徳に話を聞きながら食べてみました。

普段は出せない限定カレー2品が登場!

——今回の寒得はいつもの「ROCKビーフカレー」に加えて限定メニューが登場するわけですが、なぜあえて違うカレーを?

今うちの厨房にはカンボジア出身のヒエップさんがいるでしょう? カンボジアって食文化的にはタイやベトナムと近いんです。それで、せっかくだからヒエップさんだからこそできるメニューというのをときどきやっているんですね。

——今年の冬メニューのトムヤムクンなんかもそうですよね。

そう。なかなか評判がいいんです。去年ROCKでカレーフェアをやったときにもグリーンカレーをつくってもらって、それも評判が良かったんですけど、やっぱりなかなかお披露目する機会がない。だったら、寒得みたいにインパクトがあるフェアのときに出してみよう、と。で、それだけだと寂しいからもう一つくらい別のカレーということで……。

「寒いほどお得フェア2020」で登場する限定メニュー「清里グリーンカレー」。

——「特撰黒毛和牛カレー」を。

これも巡り合わせがあって。知り合いの関係で、たまたま黒毛和牛のお肉がたくさん手に入ったんです。スネとかモモとか、煮込み料理に合う部位が。それをシチューなんかに使ってもよかったんですけど、今すでにビーフシチューはあるので、せっかくならカレーに使ってみようと思って。

——でも、ROCKのカレーがそもそも「ビーフカレー」ですよね。

そう。ただ、今回はせっかくの和牛なので肉自体を食べてもらうような形にしました。いつもの「ROCKビーフカレー」はあえて肉が完全に煮崩れるところまで煮てますけど、「特撰黒毛和牛カレー」は肉の塊が残るようにしています。

「寒いほどお得フェア2020」で登場する限定メニュー「特撰黒毛和牛カレー」。

——まさに和牛を楽しむビーフカレーというわけですね。

ゴロッと入れますよ。「ROCKビーフカレー」も入っている肉はかなり多いんですが、「特撰黒毛和牛カレー」はさらに多くなります。しかも、使っている肉もしっかりしたものです。ブランド牛を使ったカレーって、各地にあったりしますけど、そういうのって価格を抑えるために余った部位の肉を使ったりしていることも多いんです。それもひとつの有効活用ではあるんですが、今回は主役を張れるような肉をたっぷり使っている。

とろけるのはワケがある、「特撰黒毛和牛カレー」

——でも、実は僕、黒毛和牛ってあんまり好きじゃないんですよ。サシの多いお肉って確かにそれはそれでおいしいですけど、脂が重くて……。お肉を食べてるって感じられるのは赤身の方が好きなんです。ROCKだって普段、サシの少ない甲州麦芽ビーフを一頭買いしてますよね? 赤身のおいしさにこだわってるじゃないですか。

うん。ステーキなんかでは肉の旨みをしっかり楽しめる甲州麦芽ビーフってすごくいいんです。俺もね、「和牛ってそんなにいいものか?」って思ってたんですけど……まあ食べてみてください。

——じゃあ、まあいただきます……うわ、トロットロ! 何ですか、これ。口に入れるととける……!

でしょ? こうやって煮込み料理に使ってみて、「黒毛和牛ってすごいんだな」って見直しました。

——ふしぎですね。しっかり煮込んであってトロトロだけど、かといって煮崩れているわけでもない。ちゃんと肉の塊になってて、お肉の味もしっかりある。で、脂もぷるぷるなんだけど、口に入れるととける。

黒毛和牛、すごいんですよ。スネやモモもしっかりサシが入ってるんです。で、それが口に入れるととけるんです。よくテレビ番組で高級和牛を食べたタレントさんが「とろける〜!」とかいうでしょ? ああいうのって、見ていると「何それ?」って思うけど(笑)、でも実際食べるとそのとおりで、とろけるんですよね。

黒毛和牛の塊がたっぷり入っています。

——普通のお肉もちゃんと煮込むとすごくおいしいと感じますけど、これは食感が全然違いますね。

実は黒毛和牛って、普通の牛肉より脂の融点が低いんです。つまり、脂がより低い温度でとける。

——え、「とろける」って感覚はサシが多いから生まれると思ってたんですけど、実際に融点が違うんですか?

そう。和牛の寿司ってあるじゃないですか。あれも和牛を使ってるから舌の上でとける感覚を味わえるんです。別の牛肉を使うと違うものになっちゃう。

——品種によってそんなところから変わるんですね。

ちょっと信じられないですよね。俺も最初に聞いたときは「そんなことある?」って思った。鶏、豚、牛でそれぞれ脂の融点が違うのはわかるけど、同じ「牛」、同じ「豚」でも黒毛和牛と普通の牛では違う、とか品種で変わるんだそうです。イベリコ豚なんかも普通の豚より融点が低い。だから、イベリコ豚を使った生ハムって、手に持ったりまな板に載せていたりすると、どんどんとける。和牛なんかも包丁で切りづらいくらいとけますよ。だけど、それでいて肉自体が崩れてしまうことはない。こうやって煮込み料理に使うと、その実力がハッキリわかりますね。伊達に高いわけじゃないんだって(笑)。

——実際「特撰黒毛和牛カレー」も高いですもんね。3,300円って。

1人前で黒毛和牛を150gとか200gとか使ってますからね(笑)。そこはどうしても。こういうのって都内だと5,000円くらいで出すお店もあるくらいなので。とはいえ、そこまで高いのもねえ。だから、「寒得」という特別なときのメニューとして提供することにしました。

——ルーも後味にふわっとスパイスが香って、普段の「ROCKビーフカレー」とはまた違う味ですよね。

ルー自体のベースは普段のカレーと同じなんです。ジャムとかりんごとか、「ROCKビーフカレー」に入っているものは全部入ってます。ただ、少しスパイシーにするためにカルダモンやクミンといったスパイスを加えました。

「特撰黒毛和牛カレー」を煮ているところ。軽くすくえばゴロッと黒毛和牛が出てきます。

——これ、黒毛和牛じゃないお肉で価格を抑えてつくれないんですか? 普段も食べたいんですけど。

同じようにやっても黒毛和牛以外だと味が変わっちゃいますね。こうはならない。それと、実は手間もかかってるんですよ。「ROCKビーフカレー」も1日かけて煮込んで、さらに寝かせて仕上げているのでかなり時間をかけてますけど、「特撰黒毛和牛カレー」は肉のおいしさが楽しめるように火加減を強くしたり弱くしたり、手間暇かけてます。一気に煮込むと肉がギュッと縮んでおいしくなくなっちゃうので、弱火でじっくりじっくり煮込んだり。

——そういう手間暇もあって、黒毛和牛の魅力がよくわかりました。すごいんですね、黒毛和牛……。今まで高くて脂っこいってバカにしてて申し訳なかった……。

魚介とやさいの甘み&スパイシーさが融合した新「清里グリーンカレー」

——グリーンカレーの方もいただきますね。これはカレーフェアでもいただきました。グリーンカレー自体、大好物なんですよ。

「清里グリーンカレー」はカレーフェアのときからさらにパワーアップ。

今回はまたヒエップさんが少しレシピに調整を加えてますよ。

——具だくさんですね! いただきます……わ、魚介の風味がすごい!

ベースはヒエップさんの故郷の味ですが、そこにオリジナルでアレンジを加えて、さらに今回はシーフードと野菜がたっぷり入ってます。

野菜やシーフードがたっぷり。その旨みがカレーにもしっかり出ています。

——最初は甘みを感じますね。あとからスパイスの辛さがしっかり来る。去年のカレーフェアのときともまた違う味で、おいしい!

ココナッツミルクとかでマイルドさが出ているのもあるでしょうけど、野菜やシーフードの甘みでもあると思います。

——ただスパイシーなだけじゃない、旨みたっぷりのグリーンカレーですね。これも「寒得」期間中だけなんですよね。

はい。

——どれ食べるか悩んじゃいますね。全部食べたい。

だから、期間中3回は食べに来てほしいです(笑)。定番の「ROCKビーフカレー」を1回、「特選黒毛和牛カレー」と「清里グリーンカレー」をそれぞれ1回。

——個人的に来ます。「特撰黒毛和牛カレー」は50%オフの日を狙います(笑)。

【寒いほどお得フェア2020は1月11日(土)からスタート!】
期間中、当日朝10時の気温に応じて割引率が変動します。マイナス5度以下なら50%オフ! マイナス3度以下でも30%、0度以下でも10%と、対象商品がお得に食べられるフェアです。さらに最終日の2月16日は気温に関係なく、必ず50%オフになります!
当日の気温と割引率や参加店舗、対象商品は「寒いほどお得フェア2020」の公式サイトをご確認ください。
なお、ROCKでは
・ROCKビーフカレー(通常価格:1,150円)
・ベーコンカレー(通常価格:1,580円)
・ファイヤードッグカレー(通常価格:1,580円)
・ダブルベーコンカレー(通常価格:1,790円)
・ダブルファイヤードッグカレー(通常価格:1,790円)
・ベーコン&ファイヤードッグカレー(通常価格:1,790円)
・特撰黒毛和牛カレー(通常価格:3,300円)
・清里グリーンカレー(通常価格:1,800円)
の計8品が割引対象になりますよ!
[寒いほどお得フェア2020]
開催期間:2020年1月11日(土)〜2月16日(日)
公式サイト:https://tenkuhaku.com/samutoku/

前の投稿
【年末特別座談会】萌木の村はいずれ本物…
戻る

ROCK MAGAZINE ROCK MAGAZINE