《八ヶ岳ベーカーズ関連企画》「ROCKカレーパン企画」試食レポ

2022年11月13日に萌木の村で開催されたパンの祭典「八ヶ岳ベーカーズ」。みなさま、お楽しみいただけましたでしょうか? 今回の記事では、新たに実施したROCKカレーを使ったカレーパン企画について、そのバラエティ豊かなパンの紹介と萌木の村スタッフによる試食レポートをお送りします。

ROCKカレーパン企画とは

八ヶ岳周辺のパン屋さんが一同に集う祭典「八ヶ岳ベーカーズ」で実施した初企画。ROCKカレーを使ったカレーパンを参加希望のパン屋さんにつくっていただき、イベント当日にお客さまに販売するという内容。9店舗のみなさまにご参加いただき、当日約200個用意したパンはすぐに完売!ROCKカレーパンへの期待の高さを感じた瞬間でした。

ROCKカレーパン販売ブース(準備の様子)

ROCKカレーパン一覧

満を持してリリースしたこの企画。9店舗ものパン屋さんにご参加いただき、心から感謝しております。ありがとうございました!各店のとがった個性の光る出来栄えに、わたしたち事務局スタッフも驚きと喜びを隠せませんでした!みなさまもぜひ味を想像してお楽しみください。

①いえぱん実粉②八ヶ岳シフォン工房 月のひるね③ろくぶんぎ④おうちパン屋 Hands hands⑤コーナーポケット⑥米粉パン・菓子の店 米粉plus⑦ごりらのパン屋さん⑧Kiitos⑨あつたま

試食をしたのは萌木の村を代表するこの7人

・舩木剛 取締役・舩木俊 執行役員/ROCK店長・舩木功 執行役員/萌木の村エッセンガルテン店長・谷合慧 ROCK料理長・菊原和徳 ROCK前料理長・前園蘭 ROCKパティシエ・手塚夕貴 八ヶ岳ビールブルワー 計7人

真剣な表情で試食をするスタッフたち

カレーパンに負けず、なかなかにユニークなコメントも。スタッフの性格も垣間見られるかもしれません…?

試食レポートスタート!!

※値段はイベント販売時のものです※

①いえぱん実粉

カレーにひよこ豆とタマネギ、トマトピューレをイン!ひよこ豆のほくほく感がアクセント。

[原材料] 小麦、ひよこ豆、ROCKビーフカレーペースト、玉ねぎ、トマトピューレ、酵母、植物油、粗糖、塩
[値段] ¥360

・ひよこ豆のホクホク感が良い!ROCKのカレーがマイルドになってびっくり!
・ひよこ豆がジャガイモのようでした。生地がもちもちでルーと一体化していて食べやすかったです
・パンに合わせにくいROCKのカレーをうまくパンとつないでいました
・ひよこ豆はよくカレーに入れられますが、ROCKのカレーと合わせてパンにすると味がぼやけてしまって惜しい!と思いました
・タマネギの甘みに加え、トマト、ひよこ豆が入ってまろやかなROCKカレーパン!

②八ヶ岳シフォン工房 月のひるね

なんとも斬新なカレーシフォンケーキ。香りも楽しみつつ口に運ぶと、フライドオニオンの良い香りが。スイーツにも、軽食にもグッド!

[原材料] 中村農場の卵、北海道産小麦粉、砂糖、キャノーラ油、ROCKビーフカレーペースト、フライドオニオン、カレーパウダー(ターメリック・クミン等)
[値段] ¥380

・シフォンケーキ×カレー!強みを活かした斬新なアイデア!カレー味もしながらほのかに甘い、それでいてふわもち食感もしっかり維持されており流石の一言です。勝負はいかに自分の得意を活かすかが大事、と最近アニメでみたのでとても勉強になりました!
・先に来るフライドオニオンのしょっぱい香りとカレーのスパイシーな香り、新しい!だけど食べると甘いシフォンケーキ!斬新な裏切り感!
・とても素晴らしいアイデアで驚きました。とても自分では考えつかないものです。しかし、若干、肉が邪魔をしていたように感じたのと、オニオンの風味が強いように感じました。
・ROCKカレー特有の香りが引き出せたらもっと良かった!アイデアはとてもおもしろい
・カレーをシフォンにするのは本当に大変だったと思います。ここまでふんわりしているのは企業努力!根気が必要だったかと。スナック菓子のような新しい形でおもしろかった

③ろくぶんぎ

自分たちで育てたトマトをじっくりと煮込んで濃厚ソースに。ジャガイモやチーズ、ニンニクなども入れることで満足感をプラス。

[原材料] 国産小麦粉、ROCKビーフカレーペースト、牛乳、バター、きび砂糖、酵母、卵、天然塩、トマト、ジャガイモ、チーズ、マヨネーズ、胡椒、にんにく
[値段] ¥340

・自家製トマトソースがカレーに新鮮なアクセントを加えており、もはやこれはROCKカレーから進化した新たなるメニューの誕生を目の当たりにしたかもしれません
・カレーの量のバランスがよく、パンの美味しさを引き立てている。そして、トマトの酸味がグッとうま味をもち上げてくれる
・パンが特においしいと感じました。トマト味が強めだったので、カレーの量を多くしたものも食べてみたいと思いました
・自家製トマト(食材)を使って商売ができるのは、この地においてとても素晴らしくうらやましく思いました!ただ、少しトマト味が強いように感じました
・トマトの香りやチーズの風味が強く主張していると感じた。生地が甘いのがカレーに合っていた

④おうちパン屋Hands hands

ROCKカレーに寄り添う口当たりの良い発酵生地を使用。かわいらしい星形のキッシュ仕立てに。

[原材料] 国産小麦、牛乳、バター、素精糖、真塩、ROCKビーフカレーペースト、モッツァレラチーズ、パプリカ、ブロッコリー、トマト
[値段] ¥300

・キッシュ生地の口当たりがよく、パプリカの個性を感じるカレーパンでした
・野菜のうま味とキッシュの滑らかな口当たりでどんどん食べられる!
・ROCKのカレー感をもっと感じられればより良いと思いました
・キッシュに仕上げたのはすごい!というのが第一印象でした。生地もおいしかったです。カレーの量がもう少しあるとより良かったです
・キッシュの生地大好きッシュ!!!!

⑤コーナーポケット

お店で食べるROCKのカレーをイメージ。生地にレーズンを入れ、仕上げにパリッとはみ出しチーズを焼き上げました!

[原材料] 小麦粉(国内製造)、ROCKビーフカレーペースト、ナチュラルチーズ、マーガリン、砂糖、塩、脱脂粉乳、パン酵母、モルトパウダー/乳化剤、調味料(アミノ酸等)、酸味料、着色料(カラメル・クチナシ・アナトー)、香料、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・りんご・大豆・鶏肉・牛肉・ゼラチン・ごまを含む)
[値段] ¥350

・ほんのり甘い生地とチーズがナイスマッチ!個人的にはチーズってあまり得意ではないのですが、これは美味しくいただけました!私の中のチーズの概念に新たな風を吹かせてくれました
・ROCKのカレーだ!→レーズンの甘さだ!→パリッとチーズの塩味だ!味の強さがそれぞれ同じくらいで味わいの順番がはっきりしていました。一番ROCKっぽいジャンク感でした!
・ROCKのカレーを目指して味の調整や、使っている食材を似せてきていると思いました。一番ROCKを再現してくれていました
・少しいろいろな素材が強調されすぎているように感じました。カレーとレーズンの相性はとても良かったです!
・食べたときのボリューム感と、食べているときの満足感はROCKカレーそのもの!レーズンのアクセントもバッチリ!

⑥米粉パン・菓子の店 米粉plus

カレーといえばやっぱりお米!お米の甘さと、むちっとした食感が特徴。山梨県産の米粉を使用。

[原材料] 小麦、ひよこ豆、ROCKビーフカレーペースト、玉ねぎ、トマトピューレ、酵母、植物油、粗糖、塩
[値段] ¥360

・ROCKのカレーライスを食べているようなカレーパンでした!米粉との相性が絶妙にマッチしていました!
・ROCKのカレーライスを食べているようなカレーパン!!米の甘みで噛めば噛むほどに幸せ
・形を変えた〝カレーライス〟だと思いました。〝米〟に飽きたら違う形で食べられる楽しさがあると感じました。生地のもちもちがたまりません!
・米粉パンの生地がしっかりしていて良かった!ただ、冷めたあと、米粉特有の少しぼそっとした食感がカレーの濃さに合っていない感じがしました
・お米パンとカレーの相性ばっちりですね!たとえるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」です!

⑦ごりらのパン屋さん

パンの上にパン!見た目からしてインパクト大。中にはカレーとともに、クリームチーズを練り込んだ北杜市産のカボチャペーストを入れ込むことで、濃厚な味を実現。

[原材料] 小麦粉、ROCKビーフカレーペースト、クリームチーズ、カボチャ、無塩バター黒こしょう、クミン、海水塩、花見糖、エクストラバージンオリーブオイル、白神こだま酵母
[値段] ¥380

・ごりらのパン屋さんらしい濃厚な味を楽しめました。ROCKカレーのパンチ力は残しつつ、滑らかなやさしさがあって良きでした。丸々ひとつペロリと食べたい。(※パンの数により今回は1/4ずつ食べました。もっともっと食べたかったですね。)
・カレーペーストのアレンジは気合を感じる仕上がり!カボチャで季節感も感じることが出来てグッド!
・チーズがROCKのレーズンバターの役割と同じになって、すごく濃厚な感じが出ていてよかった
・ROCKカレーの辛みが強いので、カボチャペーストをもう少し主張させても良かったかなと思いました。クリームチーズがアクセントになっていました!
・クリームチーズのコク、カボチャの甘みで、ROCKのカレーがこっくりした感じ!

⑧Kiitos

「ROCKのビーフカレーそのままで勝負!」とド直球の勢い。ホウレンソウをたっぷりと練り込んだ生地にカレーを包み、ピザ風に仕上げました。

[原材料] ROCKビーフカレーペースト、県産小麦粉、ホウレンソウ、トマト、モッチァレラチーズ、オリーブオイル
[値段] ¥200

・生地のホウレンソウ感がすごい!大抵世の中の○○入り~みたいな商品って存在感あるような、ないような~って感じですけど(偏見)、これはバッチリ存在感あります!ポパイだったら一口かじっただけでマッチョに変身できますよ!!ROCKサグカレーなんてのも面白そうですね!
・ホウレンソウの生地のパンは甘みが感じられておいしかった。もうすこしカレー感が出ても良いかも!
・バランスの良い王道のカレーパン!!具材のどれかにとがった要素がほしかったかな
・ホウレンソウの甘みとカレーのバランスがよく全体としてまとまっていると感じました

⑨あつたま

唯一のフランス生地で勝負。ROCKカレーに欠かせないレーズンバターをイメージし、カレーペーストにレーズンを混ぜ込み、最後に固形バターをのせました!

[原材料] フランス粉、ゲランドの塩、ドライイースト、モルト、カレー粉、バター、レーズン、水、ROCKビーフカレーペースト
[値段] ¥350

・レーズンの甘み、スパイス感がアップしていて、ROCKのカレーが大人の雰囲気に!ハード系のパンも合いますね
・王道のカレーパンとして美味しい!バターonがまろやかで、レーズンのアクセントも効いていて良きでした
・柔らかい生地verも食べてみたいと思いました
・レーズンの量やバランスを含め、〝ROCKカレー感〟を一番感じました
・唯一のフランスパン生地だったので、ほかのものよりもリッチな感じがしました。もう少しレーズンの主張が強くても良いなと思いました!
・レーズンとバターがいい仕事をしているのか、食べた時のROCKカレー感の完成度が高かったですね!私の高校生時代にお世話になったあつたま製パンさん!高校時代の思い出フラッシュバック and ライジングにより冷静なレビューが困難になる可能性がッ!?と思いましたが、高校時代の思い出がそこまで無かった(悲)ので問題ありませんでした

以上、試食レポートでした!

おわりに

パン屋さんのみなさま、お忙しい中、試行錯誤していただき、ほんとうにありがとうございました。今回をはじめの一歩とし、いつかROCKの新たな看板メニューとしてROCKカレーパンを生み出したいと目論んでおります…!

事務局スタッフみんなでカレーパンを味わい、大きな刺激を受けました。改めて、ワクワクする気持ちをもって、わたしたちも日々新たなサービスや商品を提供したいと思いました。「こんなROCKカレーパンが食べたいな!!」という方がいましたら、萌木の村広報室までお気軽にメッセージを!(pr@moeginomura.co.jp または、広報室のInstagram、Twitterなどへ)今からたくさんのアイデアを練って、今後も楽しい企画をご提案できるよう努めます。

最後に試食を担当した某スタッフによるROCKカレーパンの〝個人的考察〟を添えて終わりにしたいと思います。

某スタッフによる〝個人的考察〟

「全体的に素晴らしいアイデアでびっくりしました。とても自分には考えつかないものばかりです。ROCKのカレーは独特な食材なので、みなさま、イメージ通りに表現できなかった方も多いと思います。

実は、ROCKでも何度も挑戦しながら商品化できていません。カレーパンではあるけど、ROCKカレーか?といわれると、ん?ってなる。パン生地やパイ生地などで包んで調理すると味が飛んでしまう。カレーパンではあるけど、ROCKらしさはなくなり、色もいつもの黒が出ないんです。悩みます。

思えば、カレーの有名店のカレーパンで有名なところって少ないんじゃないか?コンセプトとして、最初からいつものカレールーとフィリングを分けて(味は同じ、濃度は違うなど)考えないと、完成する日はやってこないのではないか?

とはいえ、これは私の個人的な感想です。これは置いといて、今回の企画ではどのパン屋さんもとても良いものをつくってくださり、感謝しています。全部出来立てが食べたかったです。やっぱカレーパンは熱々を食べるのがいちばんですよね。」

以上、某スタッフの苦い経験も込めた鋭い考察でした。ROCKカレーパン商品化への道のりはまだまだ続きます。乞うご期待!

(記事作成 萌木の村広報室)

前の投稿
「かじ取りがエキサイティングじゃないと…
戻る

ROCK MAGAZINE ROCK MAGAZINE